【N64】レア社の傑作アクションゲーム、独特な世界観が楽しい「バンジョーとカズーイの大冒険」

今回はニンテンドー64専用ソフト「バンジョーとカズーイの大冒険」をご紹介します。こちらのソフトは64のアクションゲームとしては最高傑作ではないかと思います。

不気味で独特な雰囲気の世界観や謎解きの難易度の高さも魅力的でしっかり楽しめる作品になっています。


本日もRetro Memoryをお読みいただきありがとうございます!Kouya(@4_kouya)です。

ニンテンドー64といったらこのゲームという方も多いのではないでしょうか。ニンテンドー64のアクションゲームと言ったらマリオ64が有名なのですが、私はバンカズも大好きですね。

クマとトリという可愛らしい見た目やパッケージとは裏腹に全体的に暗い感じと難易度の高さが個人的にすごく魅力的な点ですね。

ストーリー

クルクルやまのふもとではくまのバンジョーとトリのカズーイが暮らしていました。彼らの家を見下ろすようにそびえ立つのは魔女グランチルダのとりでです。グランチルダは今日もお鍋にむかって、世界で一番美しいのは誰かと問いかけます。もちろん自分と答えると思っていたグランチルダですが、お鍋の答えはバンジョーの妹であるチューティでした。

チューティが本当に自分より綺麗なのか確かめるべく、グランチルダはチューティを誘拐しました。そして自らが開発した他人の若さと美しさを吸い取る機械を使ってチューティの美しさを自分のものにしようと企んでいたのです。機械のエネルギーが貯まるまでにバンジョーとカズーイはチューティを助け出せるのだろうかというお話です。

 

ここがオススメ!

難易度が高くやりごたえがある

ニンテンドー64のアクションゲームの中では難易度が高い方だと思います。操作性などはマリオ64と同じような感じで、順番通りにステージを進めていくといけないところが出てきます。

先のステージに進んでアクションを覚えてから戻らないと進めないところがあったり、制限時間があったりとやりごたえがある場面がいっぱいあるのが、小さい頃はとても大変だった記憶があります。

今なら逆にこのやりこみ要素がよく感じるんでしょうね。やり込み要素が豊富に存在し、コンプリートしてクリアするためにはなかなか時間を要するのではないでしょうか。そこが「バンジョーとカズーイの大冒険」シリーズの魅力だと思います。

 

世界観が独特で素敵

世界観も全体的に不気味でありながら魅力ある感じがすごいと思いました。登場するキャラクターも一人一人特徴があってさらに普通ではないようなキャラが多いですね。

敵キャラクターも不気味なキャラが多いです。だんだんはまっていくとこの不気味さが癖になってきますね。アイテムを取る時の効果音も独特でハマるとすごくいい音に聞こえてきます。

また、ゲームを終了するたびにゲームオーバーの映像が流れるのですが、最初に見たときはすごく衝撃的でしたね。「毎回これを見なければいけないのか」と思うような映像が流れます。

 

チートを利用して普通とは違った遊び方もできる

このゲームではゲーム内でチートコードを入力できる場面が存在します。公式でのチートですね。チートには持ち物を多く持てるようになったり、体力が自動で回復したりなど攻略する上であると便利なものがほとんどなのですが、その中でも隠しチートというものが存在します。

隠しチートはゲーム内では知ることができないものなのですが、その中に敵の移動速度が2倍になる都行ったチートも存在します。いわば、ハードモード状態になるわけですね。こういった隠し要素で新たな楽しみ方ができるのも魅力的ですね。

 

まとめ

今回ご紹介した、「バンジョーとカズーイの大冒険」。現在ではニンテンドー64の他にXbox360でもリメイク版が登場しています。プレイしたことがない方は是非プレイしてみてください。今プレイしても十分楽しめる作品だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です