私を構成する9本のゲーム。どれも子供の頃に時間を忘れて熱中したものばかりです。

280206game9

最近ツイッターで「#私を構成する9枚」というハッシュタグが流行っていますね。いろいろな方が自分の好きなCDについて語っていますね。

そこで今回はこのタグにちなんで私を構成する9本のゲームについて語っていきたいと思います。ただ、ゲームの紹介だけでは面白くないとの当時の思い出についてがメインになります。


本日もiKouya.comをお読みいただきありがとうございます!Kouya(@4_kouya)です。

今回は私を構成する9本のゲームについて語っていきたいと思います。これは超ゲームウォーカーさんの「ボクを構成する9本のゲームと、それに紐づく9つの思い出」という記事を見て私も書きたいと思ったものです。

今まで色々とゲームをプレイしてきた中で9本を選ぶというのはなかなか難しかったのですが、今回は子供の頃に熱中したゲームが中心になりました。

ゲームソフトの内容の紹介というよりはそのゲームに関する私の思い出を語っていくという感じでいきたいと思います。

私を構成する9本のゲーム

スーパードンキーコング

私が初めて遊んだゲームソフトですね。クリスマスにスーパーファミコンとドンキーコングが置いてあった時の衝撃は今でも忘れられません。

初めてのゲームにしては難易度も結構高めでクリアするまで何度もプレイしていた記憶があります。

ドンキーコングでゲームの基本的な操作と最後まであきらめない気持ちを学ばさせていただきました。

 

ポケットモンスター ピカチュウバージョン

みんな大好きポケモンですね。赤・緑バージョンが流行っていて私も欲しいなと思っていた時に発売されて迷わず購入しました。

ゲームボーイという小型の端末であるというのが素晴らしいですね。親に隠れて毎日パソんでいた記憶があります。

ピカチュウよりもヒトカゲ・ゼニガメ・フシギダネを全力で育ててましたね。四天王のジュゴンにピカチュウが一発でやられたことを未だに覚えています。

 

星のカービィ スーパーデラックス

このゲームは友達と二人でやると一日中できるゲームですね。このゲームは遊びたいタイトルを自由に選択してプレイできるのですが個人的に大好きだったのが「洞窟大作戦」です。

このモードではお宝を探して自由にステージを行き来することができるすが、やめどころがなくて永遠プレイしていましたね。

選べるゲームのタイトルもお洒落ですね。「はるかぜとともに」「白き翼ダイナブレイド」「メタナイトの逆襲」「銀河に願いを」、映画のタイトルみたいじゃないですか?

サブゲームの「刹那の見切り」と「かちわりメガトンパンチ」も友達と一緒に永遠やってた気がします。どちらのゲームをタイミングよくボタンを押すだけなのですがプレイしてみるととても面白いんですよね。

 

ドラゴンクエストモンスターズ マルタの不思議な鍵ルカの旅立ち

今までプレイしたモンスターを育てるRPGゲームの中では一番はまった作品だと思います。ドラクエで登場するモンスターが仲間になるという楽しさが衝撃的でした。

このゲームのいいところはどんなモンスターでも最強のステータスにできるということですね。自由度がとても高く、好きなモンスターで戦うことができるのが魅力です。

このゲームには配合というシステムがあるのですが、配合を重ねて最強のスライムとか作ってましたね。弱そうなモンスターで友達の強いモンスターに勝つのが最高でした。

 

バトルネットワーク ロックマンエグゼ3

ロックマンエグゼしリースは全部で6作品あるのですが、一番好きなのがこのロックマンエグゼ3ですね。ゲームシステムは1から基本的には変わっていませんが、ずっと面白かった印象があります。

3は特にストーリーがよかったですね。やり込み要素も半端なくて当時の自分は完全にクリアはしてないんじゃないかなと思います。

ロックマンエグゼはシリーズ通して対戦がめちゃくちゃ楽しいんですよね。ゲームの中で強くても操作の腕がないと勝てなかったり、その逆もあったりするので勝ち負けが対戦ごとに変わるのがよかったですね。

 

大乱闘 スマッシュブラザーズDX

みんな大好きスマブラです。スマブラを持っている家にコントローラーを持って泊まりに行ったことがある人も多いのではないでしょうか。

特に私が好きなのゲームキューブのスマブラDXですね。何回トーナメント対戦したか覚えてないですね。

スマブラXやスマブラWiiUと違ってオンライン対戦がないところが逆によかったんだと思います。やっぱりみんなで集まってプレイする楽しさにはかなわないですよね。集まる口実になれるのもよかったです。

ちなみに私が使っていたキャラクターはフォックスでした。空中上攻撃が超強いんですよね。いま欲しいゲームの一つですね。

 

牧場物語 ミネラルタウンのなかまたち

箱庭系のゲームも昔から好きでした。牧場物語シリーズも色々とプレイしてきたのですが一番はミネラルタウンですね。

私が求めていた牧場物語はこれだったんだという感じのゲームです。このくらいの感じが一番いいんですよね。色々と出来るけど色々と出来すぎない感じがちょうどいいんですよ。わかる人いますかね。

ゲームとしての完成度も抜群に良いんですよね。自分だけの世界を作るのに最適なゲームだと思います。

 

ソニックアドベンチャー2 バトル

ゲームキューブはスマブラDXとこれさえあればもう十分ですね。あとはカービィのエアライドとか。カスタムロボもいいですね。風のタクトもあったか。

このゲームはアクション、対戦、育成、シューティング、レースといった色々な要素が詰め込まれていてそのどれもが面白いという革命的なゲームです。

ソニックを操作するアクションゲームのスピード感や爽快感はすごいですね。何度もプレイする必要があるのですが、何回やっても楽しいです。ストーリーもよかった記憶があります。

個人的にハマったのはチャオという生命体を育てる育成パートですかね。ミニゲーム的な立ち位置なのですが、めちゃくちゃ奥が深くてやり込みがいがあります。レアチャオが欲しくて次世代ワールドホビーフェアに行くぐらい好きでした。

 

不思議のダンジョン 風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参!

こちらはウィンドウズ用ソフトですね。風来のシレンシリーズでは個人的に一番ですね。近所のパソコンショップに中古で安く売られていたのを購入できたのはラッキーでした。

風来のシレンシリーズで一番難しいダンジョンといえる「裏白蛇」をクリアするのに精神をすり減らした記憶があります。命が削れますよ。

ボリュームがすごくて文字通り1,000回遊べます。また、エレキ箱というモンスターロボが育てられるところも好きでしたね。今でも十分楽しめるゲームだと思います。

CDを無くしてしまったのでまたやりたいんですけど、なかなか高いんですよね。全然ベストプライスじゃない値段になってます。どうか再販をお願いいたします。

 

まとめ

以上、私を構成するゲーム9本でした。こうして振り返ってみると友達とワイワイ楽しめる対戦ゲームと一人でちまちま楽しめる育成ゲームがほとんどでしたね。

私はひとつのゲームに対してとことん遊び尽くしたいタイプだったのでそうなったのでしょう。逆に子供の頃はストーリー重視のゲームをあまりやってこなかったみたいですね。

色々と思い出していたらまたプレイしたくなってきました。最新の大迫力のゲームやスマホゲームもいいけど、昔のゲームも魅力的ですよね。

みなさんの構成する9本のゲームはどんなゲームでしょうか。子供の頃を振り返ってみるのも楽しいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です