任天堂の本気を見た。ゲームボーイ端末の最高傑作!ゲームボーイミクロが素晴らしいポイント3つ

皆さんはゲームボーイミクロというゲーム機をご存知でしょうか。ゲームボーイアドバンスのソフトが遊べるとってもおしゃれなゲーム機のことです。

今回はゲームボーイミクロの魅力について語っていきたいと思います。


本日もiKouya.comをお読みいただきありがとうございます!Kouya(@4_kouya)です。

ゲームボーイミクロと聞いてすぐにわかる人はどれくらいいるのでしょうか。このゲームボーイミクロというゲーム機はGBAソフト専用機として発売された商品ですね。

このファミコンカラーの小さな本体に見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今考えると、ゲームボーイアドバンスのソフトを遊ぶ際にはベストな選択になりそうですね。本体の小ささやデザインも今見てみるとすごくお洒落で洗練されているように感じます。

そこで今回は思わずゲームボーイミクロが欲しくなるような、ゲームボーイミクロの魅力について語っていきたいと思います。

私が考えるゲームボーイミクロの魅力

そもそもゲームボーイミクロって何?

このゲームボーイミクロですが、なんと発売された頃にはすでにニンテンドーDSが発売されていたのです。だからあまり売れ行きが好調ではなく、出荷台数は約61万台にとどまっているそうです。

出荷台数が少ないということは商売的にはあまりよろしくないのですが、発売から時が経つにつれて希少価値というものが出てくることになりました。今ではプレミア価格なんかで結構いいお値段で売られていることもありますね。

ちなみにゲームボーイミクロの前に発売されたニンテンドーDSは約654万台、ゲームボーイミクロの後発のニンテンドーDS Liteは約1806万台も出荷されています。そう考えると61万台しか出荷されていないゲームボーイミクロの希少性も納得できますね。

 

ゲームボーイミクロのここがオススメ!

1.手のひらにも収まるコンパクトボディ

なんといっても一番の魅力はボディの小ささがでしょう。公式ページによると本体サイズは

横101mm × 縦50mm × 厚さ17.2mm

めちゃめちゃ小さいですよね。ちなみに比較対象としてiPhone6のサイズは

高さ138.1mm × 幅67mm × 厚さ6.9mm

ですので、iPhone6より一回り以上小さいことになりますね。このサイズならポケットにもすんなり入れて持ち運ぶことができますね。

2.バックライト液晶搭載で画面が見やすい

液晶画面にもこだわりがあります。本体サイズが小さい関係上、どうしても画面サイズが小さくなってしまうのですが、2.0インチ液晶を搭載しているので画面がくっきりと見えるのが特徴ですね。

また、バックライトも搭載していて、明るさも5段階の調整が可能となっています。こういった細かいこだわりがいいですよね。

3.メタリックボディが美しい

最後にボディの質感ですね。通常ゲームボーイアドバンスなどとは異なりこちらの本体にはアルミが使用されています。

ツヤツヤしたメタリックボディがとても美しいですね。

 

欲しくなる理由

私がゲームボーイミクロをこんなにも欲しくなったのには理由があります。一つはゲームボーアドバンスのソフトを久しぶりに遊んでみたくなったからです。

GBAのソフトって名作が多いんですよね。今でも十分遊べますよ。個人的にはロックマンエグゼシリーズ・MOTHRシリーズ・逆転裁判シリーズ・僕らの太陽シリーズなんかが好きですね。

もう一つの理由はゲームボーイミクロについてのこちらのブログに記事を見てしまったからですね。「ゲームボーイミクロが欲しくなる画像を集めてみた

トバログさんの記事をみてしまうともう手に入れたくて仕方がなくなってしまいました。持ち物に入っているだけでもお洒落です。気軽に持ち運べるっていうのがいいですよね。

 

まとめ

以上、私が考えるゲームボーイミクロの魅力について語っていきました。見た目がお洒落でゲーム機なのにゲーム機に見えないところがいいですね。

外出先で使用してもゲームをしているようには見えないんじゃないかなと思います。また、今時ゲームボーイを持ち歩いている方なんて少ないと思うので話のタネにもなると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です