【GBA】4人プレイが楽しく、メタナイトでのプレイも可能な名作「星のカービィ 夢の泉デラックス」

今回は2002年10月25日発売されたGBAのソフトである「星のカービィ 夢の泉デラックス」をご紹介します。

こちらの作品はファミリーコンピューターで発売された「星のカービィ 夢の泉の物語」のリメイク版になります。通信機能ややり込み要素が追加されてさらに面白い作品になっています。


 

1.ストーリー

あきれかえるほど平和なプププランド。ここでひとつの事件が起きました。プププランドには夢の泉と呼ばれる、夢がわく泉があります。夢の泉には全ての生き物たちの夢と希望が集まります。そして眠りについた生き物たちに楽しい夢と安らぎを与えるのです。

しかし、ある日突然生き物たちは夢を見ることができなくなってしましました。夢の泉でデデデ大王が水浴びをして遊んでいたのです。さらに、夢の泉の力のもとであるスターロッドもデデ大王の手下に配られてしまいました。カービィはみんなの楽しいお昼寝タイムを取り戻すために冒険の旅に出たのでした。

 

2.オススメポイント

横スクロールの王道アクション

星のカービィと言ったらこの操作感。というすべての星のカービィシリーズの原点とも言えるようなシステムの完成度がすごいですね。とてもファミリーコンピューターで発売された作品とは思えない完成度です。敵キャラを吸い込んでコピー能力を得るというシステムもこの作品から導入されたものになります。

難易度もノーマルモードをクリアするだけなら決して難しいものではないです。ですので誰もが楽しめる作品だと言えますね。

 

やり込み要素がとてつもない

ノーマルモードを普通にクリアするだけなら難しいものではないと言いましたが、この作品はそれだけでは終わりません。ノーマルモードをクリアするとエキストラモードと言われるモードをプレイすることができるようになります。

このエキストラモードというのはいわばハードモード的な位置づけですね。

ノーマルモードでは6つあった体力が3つであったり、回復アイテムである元気ドリンクの回復量は1になっている等変更があります。また、サブゲームの難易度がすべて最高度になっていることも特徴ですね。

このモードをクリアするだけでも大変なのですが、このエキストラモードをクリアすると新たにプレイできるようになるモードがあります。

 

メタナイトでプレイ可能

この作品の一番の特徴はなんといってもメタナイトを操作することができることでしょう。

前述のエキストラモードをクリアすることで出現するのが「メタナイトでゴー!」というモードです。このモードはカービィではなくメタナイトを操作してステージをクリアしていくというモードです。

また、難易度はエキストラモードと同じく、体力が3であり元気ドリンクの回復量は1です。

最後のボスであるデデデ大王を倒すとクリアとなります。このモードの特徴はクリアするまでの時間が計測されていることですね。

つまり、タイムアタック的な要素があるということです。友達と何度もプレイした記憶がありますね。

 

まとめ

「星のカービィ」と聞くと子供向けの簡単なゲームだと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、この作品はやり込もうと思えばとことんやり込める作りになっています。そのため、プレイする人に合わせて楽しみ方が変わっていくような作品だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です