Googleアドセンス広告表示許可サイトの設定方法

e5c1aa5bc30e14971ae69f4918b1143d_s

Googleアドセンスの登録の申請が終了し、2次審査まで合格したらついに広告の内容が表示されるようになります。

今回はその後に行うべきである、広告表示許可サイトの設定方法についてご紹介したいと思います。2次審査を合格したばかりの人はもちろん、まだ設定を行っていない方も参考にしてみてください。


 

1.広告表示許可サイトの設定とは

広告表示許可サイトの設定とは簡単にいえば広告を自分以外の人が使えないようにすることです。

Googleアドセンスの広告を設置する時にはアドセンスのコードを自分のブログやサイトに貼り付けて行うのですが、ブログやサイトのソースコードは「ページのソースを表示」をクリックすると表示することができます。

そして、この表示されたGoogleアドセンスのコードをそのままコピーして別サイトに貼りつけることでも表示させることが可能となります。つまり自分以外の人間が、「ページのソースを表示」を利用してGoogleのガイドライン違反のブログに広告を貼り付けたりすると、自分は何もしていなくても規約違反により、アカウント停止になってしまう事があるのです。

Googleアドセンスのアカウントは1人1つしか取得できません。そのため、1度アカウントを停止されるとGoogleアドセンスを使用する事ができなくなってしまいます。このような事態にならないために行う対策が広告表示許可サイトの設定です。この設定を行う事で、広告表示を許可するサイトの設定をし、自分が許可したサイトだけ広告を表示できるようになります。

 

2.広告表示許可サイトの設定方法

Googleアドセンス管理画面へ

広告表示許可サイトの設定はGoogleアドセンスの管理画面から行う事ができます。管理画面を開いたら右上にある「設定」をクリックしてください。

スクリーンショット 2015-10-25 20.24.14

すると設定画面が表示されますので「アクセスと認証」をクリックします。

スクリーンショット 2015-10-25 18.10.44

サイトの認証というページが開きますので「自分のアカウントで特定のサイトの広告表示のみを許可する」にチェックを入れてください。チェックを入れると以下の画像のような表示になりますので許可するサイトのURLを入力してください。

スクリーンショット 2015-10-25 18.12.43

 

まとめ

以上がGoogleアドセンスの広告表示許可サイト設定方法の解説になります。簡単に設定できるので、新しくブログやウェブサイトを作成してアドセンスを使用したい場合にはこの手順でURLを追加する事を忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です