macbookの容量を手軽に増やすことができる極小USB「RUF3-PSシリーズ」

今回は普段使用しているmacbookair用に購入したUSBメモリーがかなりいい感じだったのでご紹介したいと思います。

macbookの容量が足りなくなってきている方は参考にしてみてください。


本日もRetro Memoryをお読みいただき、ありがとうございます!コウヤ(@4_kouya)です。

私は普段のブログ閲覧やブログ執筆はmacbookairで行っています。

どこでも作業ができるのでとても満足していたのですが、ひとつ気になることが出てきました。

それがmacbookairに内蔵されているストレージ(SSD)の容量です。

もともとネットサーフィンにしか使わないだろうと考えていたので容量は128GBを選択したのですが、何年も使用していくうちに容量がパンパンになってきました。

そんな悩みを解決するために購入をしたのが極小USBメモリです。

macbookとあわせて持つならこのハードディスクがオススメ「Freecom Mobile Drive 」

2015.09.24

超小型USB「バッファロー RUF3-PSシリーズ」

とにかく超小型!

今回私が購入したのがバッファローから発売されている「RUF3-PSシリーズ」といわれるマイクロUSBメモリーの64GBのモデルです。

Amazonの商品紹介ページにもあるように、パソコンにつけたままでも気にならないサイズなので、SSDの容量不足を補うサブストレージデバイスとしてかなりオススメですね。

容量も8GB・16GB・32GB・64GBの4種類から、カラーもシルバー・レッド・ブラックの3種類から選ぶことが出来るので自分に合ったものが見つかると思います。

B00KBP2GCE_03._SL350_

今回はシルバーの64GBモデルを購入しました。

容量が変わってもサイズに変更がないところは嬉しい点ですね。

 

購入レビュー

2016-08-29 00.50.17

どうでしょうか?この小ささ!

私の手と比較すると、どれほどまでに小さいかが伝わるでしょう。

2016-08-29 00.55.24

 

本当に小さいので挿しっぱなしでもケースに入れて問題なく、持ち運ぶことができました。

また、シルバーのカラーもmacbookair本体のシルバーに近い色なのもいいですね。

まるで純正品かと思うようなクオリティですべてのmacユーザーにオススメしたいくらいです。

2016-08-29 00.50.48

 

基本的に挿しっぱなしで使用するので抜き差しして端子が壊れてしまうという心配もないですね。

もしもの時には他の方へのデータの移行にも利用できるのもいいですね。

外出先などで緊急的にデータの受け渡しが必要な際には助かります。

今回購入したUSBの容量は64GBということで、内蔵SSDの0.5倍となります。

 

転送速度について

B00KBP2GCE_04._SL600_

転送速度に関しては現状特に問題は感じていませんね。

高速規格である「USB3.0」にも対応しているので対応機種を使用している方は問題ない早さだと思います。

 

SDカードスロットがある場合はコチラもオススメ

今回ご紹介したのはUSBメモリー型の外付けHDDでしたが、SDカードスロットがある場合にはこちらの商品がオススメです。

SDカードスロットの大きさにちょうどフィットするMiniDriveというアイテムで、マイクロSDカードを利用してmacbookのディスク容量を簡単に増やすことが出来ます。

マイクロUSBとは違い、本体からはみ出すことがないため、スロットに入れたままケースやバックにも干渉せず、収納することができるのが最大のメリットですね。

4GBマイクロSDが付属していますが、最大で128GBまでのマイクロSDに対応しています。

 

まとめ

以上、macbookairと相性抜群な極小USBメモリー「バッファロー RUF3-PSシリーズ」のご紹介でした。

macbookの容量を手軽に増やしたい方にはかなりオススメですよ。

内蔵のSSDの容量が足りなくなってきている方は検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です