紙とペンだけで出来るシンプルな対戦ゲームをご紹介!「スプラウト」「ヌメロン」どちらも盛り上がりますよ。

今回は紙とペン何あればすぐにできる面白いゲームを2つご紹介したいと思います。紹介するゲームは「スプラウト」というゲームと、「ヌメロン」というゲームです。

遊び道具が何もない時の暇つぶしなんかにオススメですね。以外と面白くてはまっちゃいますよ。


本日もiKouya.comをお読みいただきありがとうございます!Kouya(@4_kouya)です。

手軽にできるゲームといったら何が思い浮かぶでしょうか?定番なものだとトランプやUNOなんかが多いのではないでしょうか。

最近だとUNOに新しいカードが追加されて話題になりましたね。好きなルールをなんでも書き込める「白いワイルドカード」の追加により、さらに楽しいものになっています。
また、定番のトランプなんかは大勢でも二人でも楽しめるいろいろなゲームができて良いですよね。

しかし、そのどちらもそのカード自体がないと遊ぶことができないないのが難点になってきます。

そこで今回は紙とペン何あれば後は何も必要なくて、とても楽しいゲームを見つけましたのでご紹介したいと思います。紙はメモ帳でも喫茶店や飲食店に置いてあるナプキンなどでもOKです。後はボールペンやシャープペンがあれば準備完了ですね。

絶対に面白い!おすすめのスマホゲームアプリのカテゴリ別まとめ【iPhone・Android】随時更新中

2016.08.14

点と線のシンプルなゲーム「スプラウト」

V0TZGGJNLH

スプラウトとは?

まずはじめにご紹介するのはスプラウトというゲームです。点と線を引くだけの超シンプルな対戦型思考ゲームですね。「スプラウト」は「芽」という意味です。点から芽のように線が生まれるのをイメージしているのでしょうか。

 

準備すること

必要なものは紙とペンだけ。

あとはゲームを始める前に紙に3つ以上の点を書き込みます。点が多ければ多いほど難易度が高くなっていきます。多すぎると難しいので最初は3つで始めるのがベストです。

だんだんと慣れてきたら数を増やしていきましょう。点の数は3~6つくらいがちょうどいですね。

 

ルール

先手、後手をじゃんけんで決めます。

自分の番になったプレイヤーは、紙に描かれている点の中から1つの点を選び、他の点か、元の点に戻ってくるような線を描きます。線を引いたら、その線上にもう1つの点を描き加えます。この時、以下のルールに従って線を引くようにします。

  • 線はどんなに曲りくねっていてもいいのですが、すでに引かれている線や点と接触してはいけません。
  • 一つの点からでる線の数は4本以上になってはならない。

この作業を繰り返し行い、先に線が引けなくなったプレイヤーが負けとなります。

 

実際のプレイの様子

sprouts01

出典:crocro.com

すごくシンプルなルールのため知らない人でもすぐに出来るゲームですね。単純ですが奥が深く、考える力も身につくゲームです。

 

3ケタの数字を使った対戦型推理ゲーム「ヌメロン」

812000015

引用:http://www.fujitv.co.jp/b_hp/numer0n/

ヌメロンとは?

それぞれのプレイヤーが作った3桁の数字を推理して当てる対戦型推理ゲームです。0から9の番号を重ならずに使わないといけません。

このゲームの面白いところは運が良ければ一発で当てられるということですね。運と実力の二つが大事になってくるゲームです。戦略や洞察力も大事になってくるのですが何よりも運がとても大事になってくるゲームです。初心者も遊びやすくていいですね。

 

準備すること

必要なものは紙とペンだけです。

紙といってもメモ用紙のようなものだけで十分です。ただし、考える際に色々と書き込みたいことが多いので大きな紙があればベストですね。

 

ルール

それぞれのプレイヤーが3桁の数字を決める。この際、以下の条件に当てはまるように数字を作る。

  • 0〜9の数字を使用する
  • 同じ数字は使用できない(例:123はOK、122はNG)

先行のプレイヤーは相手の数字を予想してコールする。相手はコールされた数字と自分の数字を確認し、コールされた番号が合っているかどうかを発表する。

この時、数字と桁が合っていた場合は「EAT」(イート)、数字は合っているが桁は合っていない場合は「BITE」(バイト)となる。

これを先攻・後攻が繰り返して行い、先に相手の番号を完全に当てきった(3桁なら3EATを相手に発表させた)プレイヤーの勝利となる。

 

実際のプレイの様子

とてもわかりやすい動画がYoutubeにありましたので置いておきます。フジテレビでのNumeronはより複雑なルールを加えたゲームになっていますが基本的な遊び方は一緒です。

 

まとめ

以上、紙とペンだけで出来るシンプルで面白いゲームのご紹介でした。どちらのゲームも単純ですがとても面白いですよ。特にヌメロンは相手のことを知っていれば知っているほど面白いゲームですので仲の良い方と遊んでみることをお勧めします。

トランプやUNOなどの道具がなくて困っている方や、ゲーム好きの方は是非遊んでみてください。シンプルでとても面白いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です