【パズドラ】碧地の風龍喚士・カエデについて考察・テンプレまとめ

2972

今回は龍喚士シリーズの木属性モンスターである「カエデ」について考察していきたいと思います。

究極進化により、十字消しをした際に攻撃倍率が乗るようになり、とても強力なリーダーとして生まれ変わりました。


本日もRetro Memoryをお読みいただき、ありがとうございます!コウヤ(@4_kouya)です。

今回考察するのは最近の流行りである、回復十字消しをすることによって倍率の出るリーダースキルを持つモンスター「カエデ」です。

回復十字消しというと降臨ダンジョンで入手可能なミルが有名ですが、カエデもかなり強力なリーダースキルを持っています。

特にカエデは自身の覚醒スキルとスキルがリーダースキルとの相性が抜群であり、複数体編成でも使えるくらいの性能を誇っています。

究極カエデの強さについて考察

e10838a0-s

最大倍率8倍+防壁の使いやすいリーダースキル

究極進化により一番強化されたポイントは、ずばりリーダースキルでしょうね。

いままでは「木の2コンボで攻撃力が3.5倍、3コンボ以上で4倍。回復ドロップの5個十字消しで受けるダメージを半減。」というものでした。

このままでも耐久力は申し分なかったのですが、攻撃倍率がリーダーフレンドで最大16倍と少し物足りない数値でした。

しかし、今回の究極進化により、「回復ドロップの5個十字消しで攻撃力が2倍」の1文が追加されました。

この追加はかなりの強化と言えるでしょう。リーダーフレンドで4倍になるので最大で64倍の火力が出るようになりました。

いままでとの運用方法は変わらないので純粋な強化と言えるでしょう。

究極ミルと比較すると十字消し時の倍率はミルが7倍、カエデが2倍で負けていますが、木の2コンボで攻撃力が7倍でミルと同等に。木の3コンボ以上で8倍になりミルの倍率を超えます。

究極ミルとの比較

カエデ(2倍) < カエデ:木×2コンボ = ミル(7倍) < カエデ:木×3コンボ(8倍)

 

木ドロップと回復ドロップを生成可能なスキル

カエデの強さはリーダースキルとスキルの相性が非常によい点も挙げられます。

スキルは「ランダムで木と回復ドロップを3個ずつ生成。自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。」というもので、リーダースキル条件である木ドロップと回復ドロップを同時に作り出すことができます。

ターン数も7ターンと短く、スキルヘイストも付いているため、リーダーフレンドをカエデにするだけでかなりスキルの回転率が高くなると思います。

盤面に木ドロップが2つ、回復ドロップが1つでもあれば49倍が出せるため、かなり安定感があると言えるでしょう。

 

コンボに特化した覚醒スキル

覚醒スキル構成もコンボパーティに特化されていて強力です。

2体攻撃×3、操作時間延長×2、木ドロップ強化×2を持っており、ドロップ4つ消し時には3.375倍もの火力を出すことができます。

木属性モンスターには2wayの覚醒スキルを複数持ったモンスターが多いため、僧正以上の火力が期待できます。

また、操作時間延長も地味ですが優秀ですね、回復十字消しを含めるとコンボを組むのが難しくなるので、操作時間1秒延長はありがたいです。

覚醒スキルとスキルが非常に優秀なため、サブとしてもオススメなモンスターです。

 

 

サブとしてオススメのモンスター

碧地の風龍喚士・カエデ

2972

カエデパーティのサブとして一番相性がいいと思うのはカエデだと言えるでしょう。

もともと覚醒スキルがリーダースキルとの相性がよいのに加えて、スキルが複数積めば積むほど強力なものであることから不空数体編成がオススメです。

カエデのスキルに1ターンのスキルヘイスト効果があるので、サブに2体カエデを編成することでフレンドとカエデと合わせて4体になり、毎ターンカエデのスキルを使用することができるようになります。

カエデのスキルを使用することによって、攻撃色の木と十字消しに必要な回復ドロップを同時に確保することができるので、十字消しができなくて防壁が切れるという心配がほとんどなくなるのはとてもいいですね。

可能な限りサブにはカエデを詰め込んでおきたいですね。

 

秩序の創界神・ヴィシュヌ

2081

こちらのモンスターは覚醒スキルとスキルの相性が非常によいですね。

スキルにより、木ドロップを2つ生成しつつ、木ドロップを落ちやすくしてくれます。

2体編成することで目覚めループをすることができる点も見逃せませんね。

前述のカエデループ(カエデ4体編成)を使用することでヴィシュヌ1体でも目覚めループができることは覚えておきたいですね。

覚醒スキルもカエデと同様2体攻撃を3つ持ち、木ドロップ強化や操作時間延長も持っているため非常に相性が良いといえます。

 

勇武の破邪神・ペルセウス

2659

こちらのモンスターはスキルが非常に強力で、「水ドロップを木に、火ドロップを回復に変化。回復ドロップを強化。」することができます。

攻撃ドロップと回復ドロップを一度に確保できるため、ここぞというときに使用したいスキルですね。ターン数も8ターンと軽いのがいいです。

覚醒スキルでは封印体制を2つ持っていることが特徴ですね。

ペルセウスを編成することでサブの自由度が格段に上がります。スキブ×2やバインド回復も優秀です。

 

裁魂冥穣神・オシリス

2386 (1)

こちらのモンスターはスキルのドロップ供給が非常に強力ですね。

4ターンで使用でき、右端一列を確定で木ドロップに変更できるため、かなり小回りがききます。

覚醒スキルも木ドロップ強化4つをはじめとして攻撃的なものが揃っています。

オシリス自身も2体攻撃を2つ持っているため、より攻撃的なパーティを組むことができます。

 

想紡の時女神・ヴェルダンディ

2390

全ドロップを木・回復・火ドロップに変換できる陣スキルが強力なモンスターですね。

陣スキルのため盤面に左右されずに倍率を出すことができ、毒ドロップやお邪魔ドロップの対策になるのもポイントです。

木ドロップ強化×3やスキルブースト×2などの覚醒スキル構成もいいですね。

木属性のモンスターはドロップ強化や2体攻撃を持っているモンスターが非常に多く、サブの幅が本当に広いです。

 

テンプレパーティとは

最後に「碧地の風龍喚士・カエデ」をリーダーとしたテンプレパーティを紹介したいと思います。

【実況】 闘技場3をカエデPTで挑む! withダチョー 【パズドラ】

 

【超火力】カエデシステムでマシンヘラを倒す!【パズドラ】

 

まとめ

以上、究極進化により、攻守のバランスが非常に良い優秀なリーダーとなった「カエデ」についての考察でした。

ほかの龍喚士と比較してもかなり強力な部類に入ると思いますね。リーダーとしてもサブとしても使いやすいです。

今のところほとんどのダンジョンで活躍できると思いますので、持っている方は是非とも育ててみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です