【パズドラ】上方修正によりバインド完全耐性に!究極装備・シーフについて考察

280313thief

今回はCDコラボガチャで入手出来るキャラクターである究極装備・シーフについて考察していきたいと思います。

もともと強力なモンスターだったのですが、今回の上方修正によりバインド耐性が追加されてさらに強化されました。


本日もRetro Memoryをお読みいただきありがとうございます!Kouya(@4_kouya)です。

CDコラボキャラクターの上方修正が発表されましたね。曲芸士やバーサーカーには究極進化が追加されたので嬉しい方も多いのではないでしょうか。

シーフに関しては既に究極進化をしていたキャラクターだったのですが、さらに覚醒スキルが追加されました。ステータスも少し上がっていますね。

そこで今回は究極装備・シーフに強さついて考察していきたいと思います。防壁スキル持ちモンスターとしてはとてもよいスペックを持ったモンスターだと思いますね。

究極装備・シーフの強さとは?

4b240ac2-s

上方修正でバインド完全耐性に

今回の修正で一番強化されたポイントはバインド耐性の覚醒スキルが追加されたことでしょう。これでバインド完全耐性を得たことになります。

今まではバインド耐性が100%ではなかったのがスサノオとの差だったのですが、これで差は少なくなったように思います。防壁持ちモンスターにバインド耐性があるのは非常に重要でかなりの強化ポイントだといえますね。

 

攻撃的なステータスと覚醒スキル

シーフの特徴は防壁持ちモンスターでありながら覚醒スキルに2体攻撃を2つも持っていることが挙げられます。多色パーティなど4つ消しを含めやすいパーティでは大幅な火力アップが見込めます。

これは他の防壁持ちモンスターにはない特徴ですね、ステータスもバランスタイプの中ではかなり優秀なステータスだと思います。今回の修正でさらにHPが200プラスされました。

他の覚醒も木ドロップ強化やスキルブースト、操作時間延長などいいものが揃っています。ひとつ残念なのがスキル封印耐性を持っていないことくらいですね。パーティに加える際は他のサブモンスターで補う必要があります。

 

防壁持ちモンスターとの比較

覚醒スサノオノミコト

2323

スキルが3ターンの間、50%減。ステータスはHPが4,370、攻撃が1,386、回復が298となっています。スキルターンが11ターンと短いのが特徴ですね。タイプは体力・ドラゴンです。

覚醒スキルもバインド耐性、2体攻撃×2、スキルブースト×2、木ドロップ強化、操作時間延長ととても優秀です。覚醒スキル構成に関してはシーフとかなり似ていますね。

シーフと比較すると、攻撃力・回復力が低めでHPは高めです。スキルはシーフのスキルの方が強力だと思いますね。個人的にはシーフの方が使いやすいかなと思います。ただし、タイプが全く異なるのでパーティによって使い分けると良いですね。

 

天頂の雷霆龍・インドラ

657

スキルが3ターンの間、75%減。ステータスはHPが3,850、攻撃が1,467、回復が219となっています。スキルは完全にシーフと同じですが、属性が光属性になります。タイプは神・ドラゴンです。

神タイプを持ちであり、スキル封印耐性を2つ持っているというのが特徴ですね。この特徴のおかげでどんなパーティに入れても重宝します。特にラードラパーティと相性がいいモンスターですね。

シーフと比較すると、ステータスや覚醒スキルの構成などはシーフの方が強いと思います。ただ、シーフはスキル封印耐性を持っていないためスキル封印耐性を多く積めるパーティに。インドラはバインド耐性を持っていないためバインド対策ができるパーティに適していると思います。

 

まとめ

以上、CDコラボガチャで登場するキャラクター、究極装備・シーフに考察でした。もともと非常に使い勝手の良いモンスターだったのですが、上方修正されたことによりさらに使いやすくなった印象があります。

防壁スキルというのは様々な場面で役立ちますので育てておいて損はないモンスターだと思います。コラボ期間中に是非とも入手しておきたいモンスターですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です