【パズドラ】ヨミドラパーティを使うなら覚えておきたい、闇以外のドロップ4つで5個消しの組み方

2261

モンスターポイントで購入することができるモンスターであるヨミドラゴン。いまだに根津用意人気を誇っていますね。

今回はそんなヨミドラパーティを使う方は絶対に覚えておきたいパズルの組み方についてのお話です。


本日もRetro Memoryをお読みいただき、ありがとうございます!コウヤ(@4_kouya)です。

ヨミドラや覚醒ツクヨミなど「強化ドロップを含めて5つ消しを行うと攻撃力がアップする」リーダースキル持ちのモンスターは数多く存在します。

そんなモンスターたちを使用している方なら絶対に覚えておきたいのが、陣スキルを使用した際のパズルの組み方ですよね。

今回はそんな中でも基本中の基本である、ドロップを5つ消しするパズルの組み方について解説したいと思います。

既にご存知の方も多いかと思いますが、個人的にこの方法を知った時には感動を覚えたので、お伝えしようと思います。

色が偏った場合のパズルの組み方

闇:26個、その他:4個

このような盤面になってしまい、火力が出せずに困ったことがある方も多いのではないでしょうか。

2016-07-13 18.35.01

 

2色陣ではめったにないことですが、3色陣+変換を使用するとまれに登場する盤面ですね。

今回の盤面は覚醒ハクの闇・火・水の3色陣+明智光秀の火→闇、水→回復のドロップ変換を使用した場合に訪れました。

今回の盤面のように闇以外のドロップが4個しかない場合は闇ドロップ6個を囲うように斜めにドロップを組めば闇ドロップを5つ消しすることが可能です。

2016-07-13 18.35.16

 

その際、斜めに組んだドロップが同色だった場合、さらにコンボもできるのでいいですね。

覚えておいて損はない組み方だと思います。

 

闇:25個、その他:5個

次に解説するのが闇ドロップが25個で、その他のドロップが5個の場合です。

2016-07-13 22.29.26

 

このような盤面もよく見られますね。

この場合、縦に5つ並べると左端or右端に闇ドロップを5つ作ることができるのがすぐにわかると思います。

2016-07-13 22.29.41

 

しかし、このように縦に1列に組んでしまうと列強化の恩恵を受けることができなくなってしまいます。

そこで登場するのが前述の斜めの組み方ですね。

闇以外のドロップが5つの場合でも先ほどのように斜めに組むことで、下に1列作ることができるようになります。

2016-07-13 22.38.01

 

明智光秀やパンドラなど闇属性強化の覚醒スキルを持ったモンスターを編成しているパーティではこのような組み方をするのがおすすめですね。

 

まとめ

以上、ヨミドラパーティや覚醒ツクヨミパーティなどを使っている方は是非とも覚えておきたい、ドロップが偏った際の5つ消しの組み方でした。

闇ドロップが多くなると攻撃力が上がったり、パズルが組みやすかったりなどメリットも多いので、絶対に覚えておきたい組み方ですね。

ヨミドラパーティなどを使用していて、闇以外のドロップが4個しかなくて、困っていた方は試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です