【ポケモンGO】田舎でも出来るトレーナーレベルを20にする方法・コツを4つ紹介

ポケモンGOをプレイしているとトレーナーレベルの存在が重要となってくることに気がつくと思います。

今回はトレーナーレベルを20にするまでに、私が行ったことなどをまとめておきたいと思います。


本日もRetro Memoryをお読みいただき、ありがとうございます!コウヤ(@4_kouya)です。

ポケモンGOをプレイしているとレベルアップにより、トレーナーレベルが上がることは皆さんご存知でしょう。

このトレーナーレベルが上がると様々なアイテムが手に入るだけでなく、使用できるアイテム(スーパーボールやハイパーボール等)が増えたり、出現するポケモン能力が高くなったり(CPが高くなる)とメリットがたくさんあります。また、CP(強さ)の上限も上がります。

基本的にはポケモンを捕まえることで経験値が得られるため、ポケストップが少なかったり、出現するポケモンが少ないような田舎にお住いの方はなかなかレベルが上がらなくてお困りの方もいらっしゃると思います。

そこで今回は田舎に住んでいる私がトレーナーレベルを20まで上げるために行ったことをまとめておきたいと思います。

トレーナーレベルを上げようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

トレーナーレベル20にするためのTIPS

1.ふかそうちをフル活用する

トレーナーレベルを上げるためにはたくさんのポケモンをゲットする必要があります。

ポケモンをゲットすると100XPをもらえ、そのポケモンがまだゲットしたことがないポケモンの場合はさらに500XP獲得することができます。

しかし、ポケモンGOをプレイしているとわかるのですが、基本的に出現するポケモンはコラッタやポッポなど同じようなポケモンが出現します。

そんな時に新ポケモンをゲットできる方法として「たまご」の存在があります。

ポケストップで入手出来るたまごには2km、5km、10kmのたまごがあり、このたまごを「ふかそうち」に入れてそれぞれの歩数を歩くとたまごが孵化してポケモンをゲットできるというものです。

この「たまご」ではたまごのキロ数にもよりますが、普段は入手できないような珍しいポケモンがよく登場します。

たまごで入手出来るポケモンについてはこちらの記事でも紹介していますので参考にしてみてください。

このたまご孵化を行うための「ふかそうち」ですが、基本的には最初から持っている「むげんふかそうち」というもので1つセットすることができます。

しかし、これでは効率が少し悪いと考えられます。たまごは最大9つ持つことができるのですが、この方法だと1つしか孵化させることができないので、残りの8つのたまごがもったいないですよね。

そこで登場するのが課金アイテムである「ふかそうち」です。

この「ふかそうち」を利用して同時にたまごを孵化させることによって効率を上げることが重要となってきます。

2016-08-03 23.47.22

 

この方法を利用することで、仮に10kmのたまごを9つ孵化させようとする場合、通常では90kmの距離を歩く必要があるのが10kmで済むようになります。

かなり効率よく新ポケモンをゲットできるので、特に田舎にお住いの方やプレイできる時間が限られている方は是非とも利用してみてください。

私は5kmは5つ、10kmは3つ以上をまとめて孵化させるようにしています。2kmは入手したらすぐにふかそうちへ入れています。

【ポケモンGO】おすすめの課金アイテムについての考察と課金アイテムのまとめ

2016.07.28

 

2.ポッポ・ビードル・キャタピーを優先してゲット

通常出現するポケモンの中でも優先的にゲットしたいポケモンが「ポッポ・ビードル・キャタピー」および、その進化系の「ピジョン・コクーン・トランセル」ですね。

その理由はひとつで進化に必要なアメの数が12個と非常に少ないことですね。

ポケモンを進化させるとそれだけで500XP、さらに進化させたポケモンが新ポケモンだとさらに500XPを獲得することができます。

ポケモン1匹捕まえた際に得られる基本のXPが100XPなので、単純計算で5倍の効率でXPを獲得することが可能となります。

さらにこの進化のいいところは、ランダムに出現するポケモンを捕まえるのとは違い、自分の好きなタイミングでまとめて進化させることができる点にあります。

そのため後述の「しあわせタマゴ」との相性が非常によく、とても効率よくトレーナーレベルを上げることが可能となります。

この方法を行うためにも進化させるために必要なアメが少ない、これら3種類のポケモンを大量にゲットしておくことが重要となります。

ポッポなどはゲットすることでアメを3個、さらに博士に送ることで1個をゲットできるのでポッポを4匹でピジョンに進化させることができます。

さらに進化したピジョンも博士に送ることでアメを1個ゲットできるので、12匹の進化でさらに1匹進化させることが可能となります。

まとめると48匹ポッポをゲットすると13回の進化を行えるということですね。

そのため、ポッポなどを見つけた際は「ズリの実」や「スーパーボール」などを使用して逃さないようにすることをオススメします。

 

3.しあわせタマゴを使用して進化と孵化を行う

トレーナーレベルを上げるために最も重要なアイテムが「しあわせタマゴ」ですね。

このしあわせタマゴは使用すると30分間、獲得した経験値が2倍になるというアイテムです。

この「しあわせタマゴ」は課金することで入手できるアイテムなのですが、レベルアップ報酬としても入手することができます。

ちなみに、トレーナーレベル9で1つ、レベル15で1つ、レベル20で2つ手に入れることができます。

この「しあわせタマゴ」を使用した際に行いたいのがポケモンの進化と孵化ですね。

まずはポケモンの進化ですが、「ポッポ・ビードル・キャタピー」を一気に進化させてXPを稼ぎます。

連続で進化させることで30分の間に70匹ほどのポケモンを進化させることが可能ですね。

また、このタイミングで進化できるポケモンがいたら新ポケモンへの進化も行っておきたいですね。

進化させたポケモンが入手したことがないポケモンだった場合2000XP獲得できるので、できるだけポケモンの進化はまとめて行いましょう。

そしてもうひとつがポケモンの孵化です。

ポケモンを孵化させることで1kmにつき100XP、さらに孵化させたポケモンが初めてのゲットだった場合はさらに500XPを獲得することができます。

そのため10kmのタマゴを孵化させて、新ポケモンをゲットした場合は1500XPを獲得することができます。

その際、しあわせタマゴをさらに倍となり一度に3000XPも稼ぐことができるのでとても効率が良いと言えますね。

この効率を少しでもよくするために同じ距離数のたまごを同時にふかそうちに入れ孵化するタイミングを合わせておきましょう。

まとめると、たまごが孵化するタイミングで「しあわせタマゴ」を使用し、まとめてポケモンの進化を行うことで一気に経験値を獲得出来るということですね。

 

4.サイクリングロードを見つける

最後に上記のポケモンの孵化を効率よく行うために「サイクリングロード」を見つけておくことをオススメします。

このサイクリングロードですが、ポケストップがいくつか存在しており、周回できるような場所がいいですね。

ポケストップではモンスターボールなどのアイテムの入手と50XPの獲得ができます。

また、ポケストップは5分程度で再び利用できるようになるのがポイントで同じポケストップでも時間を開けることで何度も利用することが可能となります。

そのためポケストップがいくつかあるサイクリングロードを見つけておくと、時間があるときに周回するだけでタマゴの孵化とアイテムの補充、XPの獲得を同時に行うことができます。

田舎に住んでいるとありがちなモンスターボールが足りなくなるという事態も回避できるのでかなりオススメですね。

運動不足の解消にもつながるので、私は仕事終わりや休日の朝などによく利用しています。

 

まとめ

最後にまとめておくと、

  • ポッポ・ビードル・キャタピーは逃さない
  • ふかそうちを利用してまとめて孵化・進化
  • サイクリングロードを周回

 

という方法が個人的にオススメなトレーナーレベルを上げる方法ですね。

これからポケモンGOを始める方や、なかなかトレーナーレベルが上がらずにお困りの方がいれば参考にしてみてください。

トレーナーレベルが上がると強いポケモンが出現し、CPの上限も上がるのでレベル上げはかなり重要なので是非とも実践してみてください。
 

↓ポケモンGOの最新情報を見るならコチラがおすすめ!

グノシー  エンタメニュース・スポーツニュースも無料

グノシー エンタメニュース・スポーツニュースも無料
開発元:Gunosy Inc.
無料
posted with アプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です