【GB】赤緑の良さを引き継ぎつつ、イラストも素晴らしい「ポケットモンスターピカチュウバージョン」

今回はご紹介するのは誰もが知っている名作。ポケットモンスターです。

個人的におすすめなのピカチュウバージョンを紹介したいと思います。


本日もRetro Memoryをお読みいただき、ありがとうございます!コウヤ(@4_kouya)です。

ポケモンと言ったら赤緑バージョンがとても有名ですよね。

子供の頃に熱中した方や、このゲームをプレイするためにゲームボーイを購入したという方も多いと思います。

赤緑バージョンの発売からしばらくして、数量限定でカメックスがパッケージの青バージョン。

その後、ピカチュウをパッケージとした、黄(イエロー)バージョンが発売されました。

今回は私が一番プレイした作品であるピカチュウバージョンについて語っていきたいと思います。

初代ポケットモンスターの面白さについて

登場するポケモンを集める面白さ

ポケモンの一番の魅力と言ったらやはりポケモンを集めていくことだと言えるでしょう。

初代ポケモンでは全部で151匹いるポケモン、すべてのポケモンの名前を言える人もいるのではないでしょうか。

今でこそ、有名なポケモンは数多くいますが、プレイしていた当初は次はどんなポケモンが登場するのかワクワクしながらプレイしていた記憶があります。

昔は達成できなかったポケモン図鑑完成を今になって目指してみるというのも面白いと思いますね。

 

自分だけのポケモンを育てる面白さ

ポケモンは集める楽しさ以外にも、育てる楽しさもありますね。

前述の集める楽しさにつながってくる要素として、「進化」というものがあります。

ほとんどのポケモンは育てていくと進化し新たな姿に変化します。この進化にというシステムがあることによってどのポケモンも育てる価値が出てきます。

また、ストーリーを攻略するのであればどのポケモンを育てても、うまくプレイすることでクリアが可能というのもいいですね。

自分の好きなポケモンだけでチャンピオンになるともとても楽しいです。

 

友達と交換・対戦する面白さ

img_02 (1)

引用:http://www.pokemon.co.jp/ex/VCAMAP/game/

初代ポケットモンスターがなぜ、赤・緑の2バージョンで発売されたのか。

その答えが通信ケーブルによる、通信の存在ですね。

手塩にかけて育てたモンスターでストーリーをクリアしたら終わりではなく、対人戦をすることができるのもポケモンの魅力ですね。

また、3DSのバーチャルコンソール用ソフトでは初めて、ワイヤレス通信に対応しているのもいいですね。

ゲームボーイでは通信ケーブルを使って通信をしていましたが、ニンテンドー3DSのワイヤレス通信を使うことで、同じようにポケモンを交換したり対戦したりすることができます。

 

縛りプレイなど自分だけの楽しみ方も

初代ポケモンは実況動画などでの縛りプレイでも有名な作品ですね。

縛りプレイとは何かしらの制限を設けたうえでその制限のなかでどのように目標(殿堂入りなど)を達成するか試行錯誤を重ねるといったものを指す。

有名な縛りプレイとしてはポケモン1匹だけでクリアや、ポケモンセンター禁止、などが挙げられますね。

こういった制限を設けることで、通常のプレイよりもかなり難易度が上がり、より楽しむことできます。

 

ピカチュウ版だけの魅力とは

赤・緑と基本的には同じ内容です。ストーリーやシステムなどは一緒なので、赤・緑・青・黄すきなバージョンで始めることができます。

ここではピカチュウバージョンだけの違いや、おすすめのポイントなどを紹介したいと思います。

最初のパートナーがピカチュウ!

ピカチュウバージョン最大の特徴は主人公のパートナーがピカチュウであることでしょう。

ピカチュウと言ったら知らない人はいないくらいの超有名キャラクターですよね。

ポケモンはあまり詳しくなくても、ピカチュウは好きという方も多いのではないでしょうか。

ピカチュウをパートナーとして連れて歩けるのがピカチュウバージョンの一番の変更点ですね。

 

御三家(フシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメ)が一度に手に入る

poke

引用:http://www.pokemon.co.jp/ex/VCAMAP/game/

ピカチュウバージョンでは赤緑版で最初に入手できる3体(御三家)を一度に入手することができます。

赤緑版では通信交換を利用しなければ入手することができなかったポケモンを簡単に手に入れることができるのがとてもいいですね。

これらのポケモンは能力も高く、使いやすいので攻略にも使えます。初心者にもお勧めと言えますね。

ただし、ピカチュウが電気タイプなので最初のジム戦がかなりきつい印象がありました。

ニドランやマンキー、バタフリーなどを育ててなんとかクリアした記憶があります。

 

イラストがとても綺麗

slproImg_201511181403511

引用:http://chapimama.com/?p=1682

私がピカチュウバージョンをおすすめする最大の理由がこのイラストの美しさですね。

赤緑バージョンよりもかなり綺麗なグラフィックになっています。

初代ゲームボーイのドット絵の良さを生かしつつも、ポケモンごとの特徴をうまく表現した素晴らしいイラストの数々で見ているだけでも楽しいですね。

ゲームボーイカラーにも対応しているので、綺麗な絵をカラーで見ることができるのもいいですね。

 

ピカチュウ版だけにロケット団が登場

o0480027211628545872

引用:http://ameblo.jp/ktkrd311/theme-10045767158.html

もともとピカチュウバージョンは、アニメ「ポケットモンスター」が人気であることから製作が決定した作品です。

そのためストーリーにもアニメで人気のキャラクター、ロケット団が登場します。

アニメと同様に「ニャース・アーボ・ドガース」 を繰り出してきます。ストーリーには直接関係ないのですが、アニメ好きにはたまらない演出ですね。

 

まとめ

以上、GB専用ソフト初代ポケットモンスターピカチュウバージョンのご紹介でした。

最近では初代ポケモンのパッケージを再現した、ニンテンドー2DSも発売されて話題になりました。

今回紹介した初代ポケモンは3DSのバーチャルコンソールで遊ぶこともできるので、気になった方や懐かしく感じた方はプレイしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です