【GBA】写真を撮ったモンスターがカードに!スナップシステムが面白い「スナップキッズ」

今回ご紹介するゲームソフトはゲームボーイアドバンス専用ソフト「スナップキッズ」です。

基本的にはカードバトルなのですが、そのカードを自分でスナップ(撮影)して作り出すというのが、非常に斬新で面白いゲームです。


本日もiKouya.comをお読みいただきありがとうございます!Kouya(@4_kouya)です。

皆さんはカードバトルのゲームをプレイしたことはありますか?遊戯王カードやポケモンカードなんかは有名ですよね。

数あるカードバトルゲームの中でも今回ご紹介するソフト「スナップキッズ」は一風変わっています。

なんと自分で精霊と呼ばれるモンスターを撮影し、撮影したものがそのままカードになるのです。自分で撮影した自分だけのカードで戦うことができるのがとても面白いゲームです。

ストーリー紹介

スナップキッズの世界では精霊(ワンダー)を撮影し、カードを作りカードバトルをするスナップシステムが人気となっていた。

ある日、主人公であるシュウトは友だちに誘われてスナップクラブに入部する。そして、スナップリーダーを決める大会であるスナップグランプリに挑戦することになる。

その中でワンダーを捕える悪の組織マグネットの陰謀に巻き込まれていく事となる。

といったストーリーです。

昔はコロコロコミックにも漫画が連載されていたのでゲームは知らなくてもストーリーは知っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ここがオススメ

撮影した精霊がカードに

一番のオススメポイントはこれですね。写真を撮るだけでも面白いのにさらに、それがカードとなって戦うことができるのです。

o0240016011344809321

このシステムがとても素晴らしく奥深くできています。同じ精霊を撮影しても、大きさによってHPが変わったり、撮影(スナップ)するタイミングなどによってわざが変化したりします。

o0240016011344828858o0240016011344809319

同じカードは1枚もないということですね。このタイミングでスナップすればこんなカードが手に入るのか!という発見は他のRPGにはない感覚を味わうことができます。

 

カードバトルも面白い

基本的にストーリーをクリアするためにはカードバトルで勝利する必要があります。いくら撮影してカードを作り出すのが面白くてもカードバトルが面白くないと意味がありませんよね。

しかし、その点も「スナップキッズ」はしっかりとクリアしています。前述の精霊を撮影したカード「ワンダーカード」とスナップステーションという場所で購入できる「戦術カード」を組み合わせてバトルを行います。

以外としっかりとルールが作られていて初心者でも楽しむことができます。もちろん後半に行くにつれて難易度も高くなってきますのでゲームに慣れている方でも十分楽しめますよ。

 

精霊(ワンダー)が可愛い

登場するキャラクターである精霊(ワンダー)が可愛いのもいいですね。キャラクターによって様々な行動パターンがあり、アイテムなどを使用すると思わぬ表情がスナップできたりします。

o0240016011344806799

また、カードバトルでもワンダーのアニメーションが流れるのですが、なかなかクオリティが高く、とても可愛いです。自分撮影すると、どんなキャラクターでも愛着が湧いてしまいますね。

 

まとめ

以上、スナップシステムがとても面白い「スナップキッズ」のご紹介でした。このスナップゲームとカードゲームという全く異なる二つのゲームを楽しめるのがいいですね。

どちらのゲームもクオリティが高くだれでも楽しむことができるゲームになっています。特にスナップシステムがとても面白く、スナップだけで何時間も遊んでしまうほどの中毒性があります。

まだ遊んだことがない方はもちろん、一度プレイしたことがある方ももう一度プレイしてみてはいかがでしょうか。はまってしまうと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です