ソイジョイでダイエットをしよう!朝ご飯をソイジョイにすることで得られるメリットについて考えてみた

280111soyjoydiet

皆さんは「ソイジョイ」はご存知でしょうか。大豆健康食品であるソイジョイ。私は現在、毎日朝ごはんとしてソイジョイを食べております。

そこで今回は約半年間ソイジョイを食べ続けて感じたことを綴っていきたいと思います。


 

ソイジョイを朝食にすることで得られるメリット

最初に私が朝食をソイジョイにしてメリットに感じたことを紹介したいと思います

朝食の時間が短時間で済む

一番のメリットはこれじゃないかなと思います。今までは朝食に菓子パンやフルーツグラノーラを食べていたのですが、その時は食事に10分ほどの時間をかけて食べていたと思います。忙しい時には食べないこともありました。

しかし、ソイジョイに変えてからは朝食を食べる時間が5分もかからないくらいになりました。慣れてしまえば他の支度をしながら2口くらいで食べれるので朝食を食べずに過ごすということもなくなりました。

朝食に割く時間が少なくなったのでその分ゆっくりコーヒーを飲んだり、ぎりぎりまで睡眠をとることが可能となりました。これは大きなメリットだと感じますね。

 

夜ご飯に好きなものを食べることができる

低カロリーであることもメリットの一つですね。なんと一つあたり約150カロリー程度です。菓子パンなんかは以外とカロリーが高いのでそれに比べるとだいぶ低カロリーです。

私の場合は朝ごはんをソイジョイに変えてから夜ご飯には好きなものを食べるようにしています。朝食のカロリーが低いのだから夜にいっぱい食べても大丈夫だろうという考えです。この半年で体重は特に変わっていないので効果はあるのかもしれません。

 

朝食に何を食べるのか考える必要がなくなる

考えるのが苦手な私にはこれもよかったですね。菓子パンだと前日の夜に次の日の朝に食べるものを買わないといけないのですが、ソイジョイだとその必要はありません。まとめ買いだと安く手に入れることができます。

なので、私の場合は最初にまとめて大量購入をしました。賞味期限も割と長いので一度買ってしまえばもう朝食で悩む必要は無くなります。

 

ソイジョイを朝食にすることによるデメリット

ただしもちろんメリットがあるばかりではありません。そこで今回は私が感じたデメリットも少しご紹介しておきます。

味に飽きてくる

皆さんはソイジョイの味はご存知でしょうか。ソイジョイには全部で12種類も味があるので飽きるわけないと最初の頃は思っていました。実際に12種類の味は当たり前ですがそれぞれ違っていて、そのどれもが美味しいのですが毎日食べていると同じような味に感じてくるんですよね。

簡単に大きく分けると以下の二つの味に分類されます。

甘い味

ストロベリーやブルーベリー、アップルなんかはこちらに含まれますね。いわゆるドライフルーツの味です。

ソイジョイの製品には基本的にどの種類にもドライフルーツが入っているので甘い味に飽きてくることがあります。ドライフルーツ好きでも毎日だと少し飽きがくると思いますよ。

甘くない味

これはピーナッツやアーモンド&チョコレートが該当します。ほかにも個人的にはフルーティートマトもこちらに分類されますね。12種類中ドライフルーツ使用のものが多くを占めるので甘くない味を求めてしまうようになりがちです。

 

自分の好きな味から食べてしまう

これは上記の「味に飽きる」ことで起こってしまうのですが、私の場合はピーナッツが大好きになってしまって3日に1回はピーナッツを食べるようにしていました。なので、まとめて全種類セットなんかを購入するとピーナッツ味が足りなくなってしまうんですね。

ただ、そうしたことが毎日続ける秘訣なのかもしれません。もし皆さんが毎日ソイジョイに切り替えてみようと考えた際にはまず自分のお気に入りを見つけましょう。

そして、お気に入りをたべる頻度を多くすることが続けていく上で非常に大事ですね。やっぱり楽しくないと続かないじゃないですか。私のオススメはやっぱりピーナッツですね。何個でも食べられます。

関連:ソイジョイ歴約半年の私が考える絶対に美味しいオススメの味ベスト5

 

まとめ

以上、朝食をソイジョイにして感じたことのまとめでした。今も続けていますが私の場合は朝ごはんにはソイジョイ1本くらいが丁度良いですね。すぐに準備しながらたべれるのもいいですね。

また、値段も1つ100円くらいでとても安いので、一度試してみてはいかがでしょうか。ダイエットや美容にも効果がありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です