「さあ、才能に目覚めよう」大学生、社会人にオススメな性格診断。ストレングスファインダーで自分の強みを知ろう!

RVYCCXWSLI

「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」このフレーズを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

今人気のめちゃくちゃ当たると噂の性格診断的なもの「ストレングスファインダー」が超オススメなので詳しく書いていきたいと思います。


本日もRetro Memoryをお読みいただきありがとうございます!Kouya(@4_kouya)です。

みなさんは自分の才能って知っていますか?私の才能はコレだ!と自信を持って言える人って少ないのではないでしょうか。

私も漠然と自分はこういう性格かな、というくらいにしか自分について考えたことってありませんでした。

大学生や社会人になったら自己PRとか書くじゃないですか。そこに自分でなんとかひねり出した自分の強みや特徴について書いていことを思い出しますね。

今回行った性格診断「ストレングスファインダー」は大学生の就職活動前に出会っていれば、人生が少し変わっていたんじゃないか、と思えるくらい素晴らしいものでしたのでご紹介したいと思います。

もちろん、大学生以外でも自分の才能(強み)について知りたいという方にめちゃくちゃオススメな一冊です。

さあ、才能に目覚めよう

強みを活かすとは?

本書では自分の強みを生かすことに重きをおくべきであると書いてあります。自分の特徴を把握して、教育と経験によってその特徴を補強する。そうすることで特徴が大きな強みになるということです。

つまり、成功するための秘訣は自らの強みを見つけそれを活かした人生を築く能力を身につけることが大事ということですね。そのための手助けとるのが今回ご紹介する「ストレングスファインダー」です。

 

強みを生み出すためには

強みというのは才能、知識、技術の3つが組み合わさって初めて生まれるものです。この中でも一番重要なのが才能で、天性の才能がなければ強みを築くことは決してできないということですね。

例を挙げると抜群に営業トークが上手なセールスマンがいたとします。彼は十分な製品の知識がなくても天性の才能だけで実績を上げることができます。

一方、営業の才能がない人は知識や技術を学ぶことによって実績を上げることになります。この場合、実績は上がったとしても常に完璧に近い成果を収めることは絶対にできないのです。

才能とは、無意識に繰り返される思考、感情、行動のパターンである。才能となるさまざまな資質。これは「ストレングスファインダー」で見つけることのできるものである。

知識とは、学習と経験によって知り得た真理と教訓である。

技術とは、行動のための手段である。

引用:「さあ、才能に目覚めよう」

 

ストレングスファインダーについて

選択形式の質問が約30分程度

基本的に自分はどっちに当てはまりますか?という質問に対して一番近い選択肢を選ぶという形式ですね。これがめちゃくちゃ出題数が多くて気合いを入れる必要があります。私の場合は30分程度かかりました。時間があるときに行うのをオススメします。

質問1問に対して20秒の制限時間が設けてあるのも特徴ですね。これは質問に対して選択肢を読んで理解をし、瞬時に判断して回答することができるギリギリの時間制限みたいですね。

 

ストレングスファインダーで何がわかるのか?

ストレングスファインダーの一番の目的は強みになりうるもっとも優れた潜在能力の源泉を知ることです。自分の潜在能力がわかるってだけでも興味が出てきませんか?

今まで正確診断のようなものはいくつか試したことはあるのですが、ここまで本格的な診断は初めてだったのですごく有用でしたね。自分の才能知りたいですよね。

 

診断結果を見て感じたこと

私の診断結果は以下の5つの強みがあるようでした。

  • 公平性
  • 慎重さ
  • 内省
  • 包含
  • 未来志向

内省や公平性、慎重さについては「すごい!当たっている!」と感じましたね。自分でもそうだろうなと思っていたことが強みと言われるとなんだか嬉しく感じますね。この才能を活かしていきたいと感じました。

また、未来志向という強みについてはみんなそう思っているんじゃないのと感じたことだったので、そうではなくこれは自分の強みなんだと考えると色々とやりたいこと見えてきた気がしました。「未来志向」悪くないですね。

強みということで全てがポジティブな内容が書かれているのがいいですね。自分では短所だと感じていたことも「これは自分の才能なんだ」と考えることができるようになります。自分の視野を広げさせてくれるのでとてもいいですね。

 

まとめ

自分の強みってなかなか言葉にして表すのって難しいですよね。この「ストレングスファインダー」を使えばあくまで目安ですが自分の強み5つを知ることができるので色々な場面で役立つなと感じました。

自分の強みを知っているか知らないかでこれからの人生の進むべき方向も変わっていくと思うので、やってよかったなと思いますね。

自分の才能(強み)を知りたい方に超オススメの本ですよ。特に就職活動でエントリーシートの自己PR欄に何を書こうか考えている方はとても参考になる資料としても使えると思いますよ。「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」オススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です