社会人一年目の悩み。仕事に対する集中力を高める方法についてまとめてみた

280205work1

最近仕事をしているといつの間にかもうこんな時間か。というようなことが多くなってきました。それは仕事に慣れてきたのもあると思いますが、仕事に対する捉え方が変わってきたからだと考えています。

そこで今回は仕事中に時間が一瞬に感じるように集中するためにはどうすれば良いのかを考えていきたいと思います。


本日もiKouya.comをお読みいただきありがとうございます!Kouya(@4_kouya)です。

時間の感じ方って人それぞれですよね。私の場合はゲームをしている時には一瞬で時間が過ぎていく気がします。時間を忘れて熱中しているからでしょうね。

そういった時って楽しい気持ちしかなく、もっと時間があればいいのにと思ったりしますよね。逆に嫌なことをしている時は早く時間が過ぎればいいのにと思ったりします。

社会人になるとほとんどの時間を職場で過ごすことになると思うのですが、どうせ同じ時間を過ごすなら早く時間が過ぎればいいのにと思うより、一瞬で過ぎたように感じる方がいいですよね。

そこで今回は仕事に集中して時間が一瞬に感じるようになるためにはどうすればいいのかを感がていきたいと思います。

時間が一瞬に感じる時とは?

あることに集中して取り組んでいる時

まずは何度も入っているように取り組んでいる事柄に対して集中している時は時間が一瞬に感じますよね。ゲームや読書なんかをしている時にこの感覚を経験したことがある方も覆うのではないでしょうか?

これは職場でも同じことが言えますね。集中して取り組むことができるようなことを見つけることが重要ということですね。

 

突発的な事柄に対してうまく対処している時

突然与えられた仕事やトラブルの対応中なんかも時間が過ぎるのが早く感じますね。いわゆるルーチンワークから抜けだしていることがポイントですね。

いつもとは違うことをすることによって、普段とは違う感覚を味わうことができます。またそれに対してうまく対応ができている時は時間の感じ方が変わってくる気がしますね。達成感も重要になってくるのかなと思います。

 

仕事に集中するために大事なこと

ざっくりとしたペース配分を決めておく

今日は何をするのかを決めておくことでそれぞれの仕事に対して集中することができるようになります。

その際、ペース配分はきっちり決めずにざっくりと決めるのがポイントですね。分刻みできっちりとした予定を立ててしまうと、時間通りに終わらなかったり、トラブルがあったりでペースが乱れてしまうからです。

このくらいの時間帯はこれをこのくらいまでやろうかなくらいのざっくりした配分でいいと思いますよ。プレッシャーにもなっちゃいますからね。

 

休憩時間をこまめに取る

休憩時間をこまめに取ることもとても大事ですね。人間の集中力の持続時間というのは平均で50分だそうです。仕事中ずっと集中するというのは不可能なんですよね。

集中した時間をなるべく増やすためにはこまめな休息が欠かせません。私の場合は50分から1時間くらい頭を使う仕事をした後は、頭をあまり使わなくても良い単純作業を行うようにしてます。

もちろん飲み物を飲んだり、おやつを食べたりといった休憩の取り方も良いと思いますね。仮眠なんかができる環境にいる方は昼寝もおすすめです。

関連:睡眠の質を向上させる方法、お昼に15分間の昼寝をすることによるメリット3つ

 

今すぐやること、後でもいいことを判断する

仕事には大きく分けて2種類の仕事があると思います。それは今すぐやらないといけない仕事と後でもいい仕事ですね。この2つの仕事の判断ができるようになれば今やらなければいけない仕事だけに集中して取り組むことができるようになります。

そのためには目の前にある仕事のことを考えるだけでなく、この仕事を行った先にある未来のことについても考える必要がありますね。難しいことですがこれは経験値を蓄えていくしかないですね。

 

まとめ

以上、仕事に集中して時間が一瞬に感じるようになるための方法についてでした。私自身まだまだ新人ですが、1年半ほど働いてきて思ったことをまとめてみました。

こういったことを常日頃から心がけて仕事をしてきたいと思いましたね。なかなかうまくいかないことも多いのですが、今日も1日早かったなと思えるような集中力を持続させていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です