【パズドラ】曲芸士パーティと相性抜群!闇の犬龍・チンワンドラについて考察

現在開催されているスペシャルダンジョン「木と闇の犬龍」。スキル上げのために周回している方も多いのではないでしょうか。

今回注目したのはこちらのダンジョンのボスとして登場する「闇の犬龍・チンワンドラ」です。こちらのモンスターが曲芸士と相性抜群なので解説したいと思います。


本日もiKouya.comをお読みいただきありがとうございます!Kouya(@4_kouya)です。

今回解説するモンスターはダンジョンでドロップするモンスターである「闇の犬龍・チンワンドラ」です。スペシャルダンジョンの犬龍シリーズの中の1体ですね。

現在開催されている「木と闇の犬龍」では道中に登場するシバマルで石田三成と明智光秀のスキル上げができます。またボスで登場するモンスターでアヴァロンドレイクとアポカリプスのスキル上げができるということで対象キャラをお持ちの方は周回しているのではないのでしょうか。

闇の犬龍の魅力を解説

2433

それではここからは闇の犬龍の魅力について解説したいと思います。ただのスキル上げ素材モンスターとして扱ってしまうにはもったいないほどの能力を持っていると思います。

スキルの3色陣が曲芸士との相性抜群

1901

こちらのモンスターの一番の魅力はスキルにあります。スキルはアポカリプスと同じ「ラストジャッジメント」です。こちらのスキルはスキルレベル最大で10ターン。全ドロップを闇・光・回復ドロップに変換し味方のスキルを1ターンためるという非常に強力なスキルです。

アポカリプスとの一番の差別化ポイントは主属性が闇属性ということです。闇属性で回復ドロップを含む3色陣のスキルを持っているモンスターというのがこのモンスターだけであり、このことが曲芸士パーティと相性が良い点ですね。

 

列強化パーティには嬉しい覚醒スキル

そして覚醒スキルも数は2つと少ないのですが闇属性強化とスキルブーストを持っています。曲芸師パーティではパンドラをはじめとする属性強化の覚醒スキル持ちのモンスターを入れ、列消しで火力をアップさせることが多いので闇属性強化を持っていることは重要ですねが

また、スキルブーストも曲芸士自身が持っていない覚醒スキルであり、開幕からスキルを使用するためには必須の覚醒仕切るであることから重宝されます。必要十分な覚醒スキルを持っているといった感じですね。

 

ステータスは回復タイプ的

ステータスはタイプがドラゴン・回復タイプであることから攻撃力は1,011、回復力は336と並程度はあります。ただしHPは2,213とかなり低めになっているます。

曲芸士パーティに加える際は曲芸士自身のHPもあまり高くないので注意が必要です。必要に応じて闇イザナミなど防壁持ちのモンスターを加えるか、他のサブモンスターでHPを補う必要があります。

 

アポカリプスと比較して

1360

スキルが同じアポカリプスと比較した場合ステータスや覚醒面ではアポカリプスの方が上ですが主属性と属性強化スキルで十分差別化できています。

また、ダンジョンでドロップするモンスターというのも魅力の一つで、今まで曲芸士パーティを組もうと思うとパンドラや明智光秀などガチャ限定キャラクターが必要とされてきましたが闇の犬龍でも十分使用できると思います。

 

まとめ

以上、闇の犬龍・チンワンドラについての解説でした。最近のスペシャルダンジョンのドラゴンはスキル上げ素材としての役割が大きくなってきましたが、このモンスターはスキル上げた使用モンスターと主属性が違うだけで、十分使っていける性能を持っていると思います。

曲芸師使いの方は是非とも入手しておきたいですね。期間限定で誰でも入手できるモンスターなので手に入れておいて損はないと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です